「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」(NTT東日本提供)はこちら

就職・転職・スキルアップに役立つ支援制度

再就職しようと考えている方、転職しようと考えている方、人材開発に取り組んでいる事業主の方をサポートする、さまざまな制度があります。
ここでは厚生労働省の「働いている方、働こうとしている方」向けのリーフレットを参考に概要を解説します。

各段階に応じた支援があります

リーフレットでは

  1. 自分がどんな仕事をしたいかの整理をサポートをしてくれる
  2. スキルアップのための教育制度とその教育の補助金制度を紹介
  3. やりたい仕事を実現するための会社探しのサポートをしてくれる
  4. 従業員のスキルアップや能力開発の取組みを支援してくれる(事業主向け)

など、就職・転職・スキルアップのそれぞれの段階に応じた支援について紹介しています。

自己分析のサポート

自分がどんな仕事をしたいか、キャリアをどう積み上げていくかを考え、整理するサポートをしてくれます。

1.job tag(職業情報提供サイト)

どんな仕事があるのか色々な切り口で探したり、その仕事の役割・作業はどんなもので、どんなスキルや知識が必要かなど、就業経験のない方でも理解できるような情報が得られます。
また、会社内の人材活用に取り組む方に役立つ機能も搭載されています。

2.キャリア形成サポートセンター

在職者の方を対象に、キャリアプランの課題や不安などに専門家が対応してくれます。
オンライン相談は事前予約制で、60分無料でできます。

スキルアップのサポート

1.離職中の方

離職者訓練

雇用保険を受給している方は、就職に必要なスキルや知識を習得するための訓練を無料で受講できます(テキスト代除く)。
また、技能習得手当がもらえるのもありがたいですね。

求職者支援訓練

雇用保険を受給していない方が就職に必要なスキルや知識を習得するための訓練を無料で受講できます(テキスト代除く)。
生活支援金として月10万円が支給されるほか、交通費などの手当もつくため、安心して訓練に臨めます。

給付金と職業訓練を受けながら就職をめざす「求職者支援制度」

2.在職中の方

教育訓練給付金

指定された教育訓練を受けた場合、その費用の一部(20~70%)を支給してもらえる制度です。
離職後1年以内の方も要件を満たせば支給してもらえます。

キャリアアップに活用できる「教育訓練給付金」

在職者訓練

主に中小企業に在職している方を対象とした、業務に必要な専門知識及び技能・技術の向上のための職業訓練です。
費用は有料で、訓練期間は2日~5日。会社から申し込む必要があります。

会社探しのサポート

会社探しの手段はさまざまですが、地元や中小企業への就職ならハローワークがあります。
ハローワークでは求人の紹介やさまざまな相談に応じてくれることはもちろん、上記の各種制度を利用する上での申し込み先でもあります。

また、子育てと両立しながら働きたい方や若者向けの施設や窓口もあります。
お近くのハローワーク関連施設はこちらをご覧ください。

目標をもって就職活動をしましょう

再就職、転職をしようとしている方にとって大切なことは「自分がどんな仕事をしたいか」で、目標なく就職してしまうと、後で後悔することもありえます。
目標を定めることで、職業教育を受けることができたり、会社探しのモチベーションも上がります。

また、従業員の「スキルアップ」「能力開発」などに取り組む事業主向けの支援策も多数あります。
ぜひ参考にしてください。